東京都三鷹市、三鷹台駅近くの歯科医院、青木歯科診療所

診療時間

※当診療所では、予約制診療を行っており、
お電話によるご予約を承っております。
Call:0422-43-5912
日・祝
9:30~12:30 - -
14:00~18:00 - - -
※土曜日の診療時間は9:30~13:30になります。
(午後は休診です)
※火曜日の診療時間は10:30~12:30
14:00~17:00になります。
※保険証をご持参の上ご来院下さる様お願い致します。

Preventative Dentistry 予防歯科

  • 予防歯科

    当診療所では、患者様の歯を1本でも多く長持ちさせる為、予防を第一に考えております。北欧式の予防方法であるプロバイオティクスをお勧め致します。
    プロバイオティクスとは、「口腔内・消化管内の細菌叢を改善し、宿主に有益な作用をもたらしうる有用な微生物と、それらの増殖促進物質」のこと。
    つまりプロバイオティクス機能を持つ微生物を摂取すると、それが口腔内や腸内のフローラ(細菌叢)に作用し、フローラの健常化をはかりながら、疾病の予防、改善を行う、というものです。
    簡単に言うならば、『天然の抗生剤』のようなものです。
    プロバイオティクスについてご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

私が予防歯科をおすすめする理由

  • 私が予防歯科をおすすめする理由

    歯科治療先進国のあるアメリカ人に言われた事があります。
    「日本人はなぜそんなに虫歯があるの?アメリカでは年に2回は、歯医者に行って検査とクリーニングとフッ素塗布をほとんどの人はやってもらってるから虫歯の人はあまりいないよ。日本人は歯並びの悪さと銀歯の人が多すぎるね。先進国なのにどうして?」


    正直ショックを受けました...

    確かにアメリカ人の歯の質は日本人と比べると強いのです!(虫歯になりにくい)
    なぜでしょうか?

    アメリカは、ほとんどの州で水道水にフッ素を添加しており、フッ素を添加していない州ではフッ素の錠剤を服用したり成長期に必ずフッ素を取り込んで歯の構造をそのものを強くしているからです。

    日本では、水道水にフッ素の添加を行っておりませんし、ミネラルの少ない土壌なので、自然とフッ素を吸収する率が低く、歯を強くするには、努力して高濃度フッ素を歯医者で塗ってもらわない限りは虫歯になりにくい強い歯にはなりません。

  • 私が予防歯科をおすすめする理由

    【歯科先進国アメリカの歯に関する考え方】
    虫歯や歯周病がひどくなってから歯医者へ行くよりも、定期的な検診を行って、事前に防ぐという方法が主流で、虫歯・歯周病検査+クリーニング+フッ素塗布というメニューが一般的です。

    【フッ素とは?】
    フッ素は、小児には、目に見えない初期虫歯を治す役割と歯自体を強くするという重要な役割があります。
    (歯の構造が強い=虫歯になりにくい)

    成人の方には、残念ながら、歯自体の構造の変化はありませんが、目に見えない初期虫歯の再石灰化(=虫歯を治す)は期待できます。

  • 歯磨きが歯の健康の基本です。

    歯磨きが歯の健康の基本です。

    歯を磨いてない方は、ほとんどいらっしゃいません。
    しかし、正しい磨き方をご存知の方は少ないのが現状です。
    当診療所では、正しい磨き方を習得して頂ける様にブラッシング指導を行っております。
    正しいブラッシング方法の習得が予防の第一歩になります。

【正しい歯磨きのポイント】
歯垢(プラーク)をしっかりと取り除くことが必要
歯垢(プラーク)は生きた細菌のかたまりで、むし歯・歯周病などの原因となります。
乳白色で歯と同じような色をしており、舌で触るとザラザラした感触があれば、それは歯垢(プラーク)です。
歯垢(プラーク)は、水に溶けにくく粘着性があるため歯の表面に付着し、うがいでは取り除くことができません。
歯磨きの目的は、この歯垢(プラーク)を取り除いてむし歯や歯周病などにならないようにすることです。
口腔内には、主にむし歯菌、歯周病菌等の細菌がいます。
「むし歯の治療をしたのにすぐにまたむし歯になった。」「歯周病の治療をして治ったのにまたすぐに歯ぐきから出血してきた。」等の疑問に思われている方が多いと思います。
それは口腔内にいる菌の数が減少していないからです。
定期的に口腔内の細菌数を検査することにより、歯周病・むし歯になるリスクを減らせます。
当診療所では、治療して良くなった状態を持続して頂く為に口腔内細菌を減らす治療を行っております。(自費)

・口腔内細菌数検査
・虫歯菌検査
・CT検査
・歯科ドック:口腔内検査、口腔がん検診、口腔内細菌数検査、虫歯菌検査、歯周病菌検査、CT検査を行います。

当診療所では、世界基準の虫歯予防システムCAMBRAを行なっております。
炎症が歯肉だけに限られている場合を歯肉炎といいます。
病状がさらに進行して歯を取り巻く骨にまで及んでいる場合、歯周炎(歯槽膿漏ともよばれます)といい、総称して歯周病といいます。

歯周病は、気付かないうちに進行します。まず、歯周病のメカニズムを詳しく説明致します。
レントゲン検査、歯周ポケット検査を行い、歯石除去を必ず行います。
また、必要に応じて、レーザーによる歯周病治療を行います。(自費診療)

歯周病の予防には、定期的な検査と正しいブラッシング(毎日患者様自身で行う)を必要とします。
歯周病治療